美白ケアをする女性
2017.12.22 この記事は約223秒で読めます。

美白が台無し!敏感肌の特徴

敏感肌の人は、刺激に弱い特徴があるため、気づかないうちに肌を痛み目ている可能性があります。
また、比較的シワが目立ちやすく、日光や温度によって肌荒れが起きるなど皮膚が弱いため、美白ケアを行っていても正しい方法で行わなければ、台無しになるどころかシミができるリスクを高める原因にもなります。
そのため、敏感肌の人が美白ケアを行う際には、正しいお手入れ方法で行う必要があります。

刺激はシミの原因にもなるため、お手入れする際には、すりこんだりせずに手のひらで優しく抑えるようにします。
化粧品は一度に使わずに少しずつ肌に始ませていきます。
また、1回の使用量を守ることです。
使用量が少ないとこすってしまい、量が多すぎると敏感肌にとっては刺激になる可能性があります。
そのため、正しい使用量を守ることです。

美白効果のある化粧品には、厚生労働省が有効性を認めた成分が配合されている医薬部外品があります。
シミ抑制や抗酸化作用、ニキビの炎症を抑える効果のあるビタミンC誘導体やシミ抑制の効果のあるアルブチン、シミ抑制効果がアルブチンの10倍から100倍あるとも言われるハイドロキノンなどがあります。
美白成分は人によって相性があり、敏感肌の人は特にどの成分が刺激になるか分からないため、トライアルキットなどで実際に試してみて様子を見ることです。

日焼け止めは汗や水で流れてしまうと効果が落ちてしまいます。
また、敏感肌の人は、効果の強い製品は刺激が強い場合もあるため、肌に優しい製品をこまめに塗り直すほうが日焼けしにくくなります。
他にも、スキンケアのあとに使う化粧下地をUVカット効果のある美白系のタイプに変えることで、色素沈着やくすみを予防できます。